TOP > 事業の種類一覧 > 高齢者在宅サービスセンター

高齢者在宅サービスセンター

高齢者在宅サービスセンターとは?

通所介護について
事業運営方針 - 対象者 -  サービスの内容 - ご利用方法 - 利用料 -  重要事項説明書
契約書 - 実施施設

認知症対応型通所介護について
事業運営方針 -対象者 - サービスの内容 -  ご利用方法 - 重要事項説明書 - 契約書


高齢者在宅サービスセンターとは?

高齢者在宅サービスセンターは、在宅で何らかの介護・援助を必要とされる方に、「通所介護」(デイサービスとも言います)として食事・入浴などの日常生活上の介護や、レクリエーションなどのサービスを提供し、住み慣れた地域で快適に安定した生活が送れるよう援助する施設です。

また、当法人が運営する高齢者在宅サービスセンターでは、認知症の方を対象とした、認知症対応型通所介護を行っております。認知症対応型通所介護について、詳しくはこちら

このページの先頭に戻る

通所介護について


事業運営方針

事業団の事業運営方針に則り、お一人おひとりのニーズに即して、安全で快適なサービスの提供に努めます。

このページの先頭に戻る

対象者

通所介護 介護認定調査で要介護(1〜5)と認定された方
介護予防通所介護 介護認定調査で要支援(1〜2)と認定された方

このページの先頭に戻る

サービスの内容

通所介護サービスは、要介護の人が利用できる通所介護サービスと要支援の人が利用できる介護予防通所介護サービスがあり、ご利用者の状態に合わせたサービスを提供するものです。

通所介護サービスは、指定居宅介護支援事業者又はご利用者本人が作成した居宅サービス計画書に基づき、通所介護計画を作成した上でご利用者及びご家族に説明した内容で提供します。

介護予防通所介護サービスは、地域包括支援センターで保健師が中心となって介護予防プラン(ケアプラン)を作成し、その介護予防プランに基づいて介護予防サービスを提供します。

(1)通所介護サービス

@ 介護サービス
移動や排泄,食事の介助等ご利用者の心身の状況、心理状況に応じて援助を行い、安心して活動等に参加できるよう介護します。
A 入浴サービス
入浴は、プライバシーに十分配慮し、ご利用者の障害や健康状態に応じて行います。
B 食事サービス
食事は、事業団の栄養士が作成したメニューに基づき、常食のほか、主食では粥、重湯、ミキサー食など、副食では刻み食、極刻み食、ミキサー食などご利用者の咀嚼(そしゃく)機能、消化・吸収機能等の身体状態に合わせて提供します。なお、アレルギーなどで食べられない食品がある場合は、他の食品に代えて出します。
C 機能訓練サービス
日常生活を営むのに必要な筋力等の維持・向上を図るための訓練を行います。また、ご利用者の希望により身体状況にあった「機能訓練」を実施します。
D 送迎サービス
目黒区社会福祉事業団の送迎車が巡回して送迎します。ただし、送迎車の巡回時間、定員、道路事情等により希望に添えない場合もあります。
E アクティビティサービス
レクリエーションや趣味活動を通し、利用者相互の交流を深め、生きがいのある快適で豊かな日常生活を送れるように介護します。
F 生活相談
介護、健康、栄養、介護方法、食事、機能訓練等について、電話や来所にてご相談ください。専門スタッフにより対応します。
G 健康状態の確認
施設への来所時、脈拍、血圧、体温等全身の観察を行い、活動中も健康に留意していきます。また、必要なときには主治医の意見も聴きながら、ご利用者が健康で安心して通所できるように援助します。

(2)介護予防通所介護サービス
 
@ 支援サービス
移動や排泄,食事の介助等ご利用者の心身の状況、心理状況に応じて援助を行い、安心して活動等に参加できるよう介護します。
A 入浴サービス
入浴は、プライバシーに十分配慮し、ご利用者の障害や健康状態に応じて行います。
B 食事サービス
食事は、事業団の栄養士が作成したメニューに基づき、常食のほか、主食では粥、重湯、ミキサー食など、副食では刻み食、極刻み食、ミキサー食などご利用者の咀嚼(そしゃく)機能、消化・吸収機能等の身体状態に合わせて提供します。なお、アレルギーなどで食べられない食品がある場合は、他の食品に代えて出します。
C 機能訓練サービス
日常生活を営むのに必要な筋力等の維持・向上を図るための訓練を行います。また、ご利用者の希望により身体状況にあった「運動器機能向上の訓練」を実施します。
D 送迎サービス
目黒区社会福祉事業団の送迎車が巡回して送迎します。ただし、送迎車の巡回時間、定員、道路事情等により希望に添えない場合もあります。
E アクティビティサービス
レクリエーションや趣味活動を通し、利用者相互の交流を深め、生きがいのある快適で豊かな日常生活を送れるように支援します。
F 生活相談
介護、健康、栄養、介護方法、食事、機能訓練等について、電話や来所にてご相談ください。専門スタッフにより対応します。
G 健康状態の確認
施設への来所時、脈拍、血圧、体温等全身の観察を行い、活動中も健康に留意していきます。また、必要なときには主治医の意見も聴きながら、ご利用者が健康で安心して通所できるように援助します。

このページの先頭に戻る

ご利用方法

ご希望の施設や曜日を担当のケアマネジャーにご相談ください。

このページの先頭に戻る

利用料

(1)通所介護サービス利用料金

基本利用料に基本加算分を加えたものが1日当たりの利用料です。
端数処理の関係で利用日数等により若干の差が生じますので目安金額です。

基本利用料 (1日あたり)
要介護度区分  3時間以上
5時間未満 
5時間以上
7時間未満 
7時間以上
9時間未満
1割 2割 1割  2割 1割 2割 
要介護1 415円  830円 624円  1,248円  715円  1,430円
要介護2 476円  952円 737円  1,474円  845円  1,690円
要介護3 538円  1,076円 851円  1,702円  979円  1,958円
要介護4 598円  1,196円 964円 1,928円   1,113円  2,226円
要介護5 660円  1,320円 1,077円  2,154円  1,247円  2,494円
※上記利用料は国の定めにより変更が生じる場合があります。
※送迎料金は、基本サービス料金に含まれております。
加算利用料(1日当たり)
 【基本加算】
加算内容 1割 2割
サービス提供体制強化加算(T) 20円  40円
中重度者ケア体制加算※ 49円  98円
認知症加算※ 66円  132円
※現在のところ体制が整っていないので算定していません。
【該当者加算】
加算内容 1割 2割
入浴介助加算 55円  110円
個別機能訓練加算U 61円  122円
若年性認知症利用者受入加算 66円  132円
 送迎未実施減産 単位/片道  -52円  -104円
※該当者加算は該当理由が生じた場合に加算されます。
【介護職員処遇改善加算】1日当たり
要介護度区分  5時間以上
7時間未満 
7時間以上
9時間未満 
1割 2割 1割  2割
要介護1 25円  50円 29円  58円
要介護2 30円  60円 34円  68円
要介護3 34円  68円 40円  80円
要介護4 40円  80円 45円  90円 
要介護5 44円  88円 51円  102円
※処遇改善加算は基本利用料と基本加算の合計単位数の1000分の40に相当する単位数から算定しています。(該当者がある場合は加算されます)
介護保険給付対象外サービスの利用料
昼食代(1食) 600円
利用者の希望による教養娯楽費 実費(行事等)

(2)介護予防通所介護サービス利用料金

基本利用料に基本加算分を加えたものが1日当たりの利用料です。
端数処理の関係で利用日数等により若干の差が生じますので下記の金額は目安です。

基本利用料(1月あたり)
介護度区分 1割 2割
介護予防通所介護費(T) 要支援1 1,796円 3,592円
介護予防通所介護費(U) 要支援2 3,681円 7,362円
※送迎、入浴料金は、基本サービス料金に含まれております。
加算利用料(1月あたり)
加算内容 1割 2割
基本加算 サービス提供体制強化加算Tイ 要支援1 79円 158円
要支援2 157円 314円

加算内容 1割 2割
該当者加算 運動器機能向上加算 246円 492円
 若年性認知症利用者受入加算 262円 524円
※該当者加算は該当する場合に加算されます。
加算内容  介護度区分 1割 2割
介護職員処遇改善加算(1月あたり) 要支援1 75円 150円
要支援2 153円 306円
※処遇改善加算は基本利用料と基本加算の合計単位数の1000分の40に相当する単位数から算定しています。(該当者加算がある場合は加算されます)
介護保険給付対象外のサービスの利用料
昼食代(1食) 600円
利用者の希望による教養娯楽費 実費(行事等)

(3)キャンセル料

ご利用者側の都合でサービスを中止した場合は、次のキャンセル料がかかります。

@利用日の直前の営業日の午後5時までに連絡があった場合 無料
A利用日の直前の営業日の午後5時までに連絡がなかった場合 350円

このページの先頭に戻る

重要事項説明書

重要事項説明書とは、サービスの契約上ご注意いただきたいことを契約前にご説明するものです。次のような事項についてご説明しています。

1. 相談窓口
2. 施設の概要
3. サービス内容
4. 利用料金
5. 利用方法
6. サービス利用にあたって
7. 個人情報保護の取り組み
8. 相談・苦情
9. 法人の概要
10. 法人の経営理念
11. 緊急時の対応

重要事項説明書 例(PDF)
*東が丘高齢者在宅サービスセンターのものです(PDF)

このページの先頭に戻る

契約書

重要事項の説明後、利用契約にあたり次の内容について契約書を取り交わします。

1. 契約の目的
2. 契約期間
3. 介護計画
4. 介護の内容
5. サービス提供の記録
6. 料金
7. サービス内容の変更
8. 利用の中止及び中止に伴う料金の取扱い
9. 食材料費等の単価の変更
10. 契約の終了
11. 緊急時の対応
12. 衛生管理
13 個人情報保護
14. 苦情対応
15. 賠償責任
16. 虐待等の禁止
17. 介護事故発生時の対応及び防止
18. 関係機関との連携
19. 定めのない事項
20. 裁判管轄

契約書 例(PDF)
*東が丘高齢者在宅サービスセンターのものです(PDF)

このページの先頭に戻る

実施施設

以下の施設でサービスを実施しています。
(施設名をクリックすると、各施設のホームページへジャンプします。)

東が丘高齢者在宅サービスセンター
東山高齢者在宅サービスセンター

このページの先頭に戻る

認知症対応型通所介護について


事業運営方針

事業団の事業運営方針に則り、お一人おひとりのニーズに即して、安全で快適なサービスの提供に努めます。

このページの先頭に戻る

対象者

認知症対応型通所介護 介護認定調査で要介護(1〜5)と認定された方
介護予防認知症対応型通所介護 介護認定調査で要支援(1〜2)と認定された方

このページの先頭に戻る

サービス内容

認知症対応型通所介護サービスには、要介護の人が利用できる認知症対応型通所介護サービスと、要支援の方が利用できる介護予防認知症対応型通所介護サービスがあります。

認知症専用のディサービスセンターで、日常生活上の介護や機能訓練など、ご利用者の状態に合わせたサービスを提供しています。主なサービス内容は、通所介護のサービス内容と同様です。

通所介護サービスの内容はこちら

このページの先頭に戻る

ご利用方法

ご希望の施設や曜日を担当のケアマネジャーにご相談ください。

このページの先頭に戻る

利用料

(1)認知症対応型通所介護サービス利用料金

基本利用料に基本加算分を加えたものが1日あたりの利用料です。
端数処理の関係で利用日数等により若干の差が生じますので目安金額です。

 基本利用料
介護度区分  3時間以上
5時間未満
5時間以上
7時間未満
7時間以上
9時間未満
 1割  2割  1割  2割  1割  2割
要介護1 567円  1,134円 864円  1,728円  983円  1,966円
要介護2 623円  1,246円 956円  1,912円  1,088円  2,176円
要介護3 680円  1,360円 1,048円  2,096円  1,195円  2,390円
要介護4 736円  1,472円 1,139円  2,278円  1,301円  2,602円
要介護5 793円  1,586円 1,231円  2,462円  1,407円  2,814円
※送迎料金は、基本サービス料金に含まれております。
各種加算(利用時加算されます)
加算内容 1割 2割
基本加算 サービス提供体制強化加算Tイ 20円 40円

加算内容 1割 2割
該当者加算   入浴介助加算 56円 112円
 個別機能訓練加算 30円 60円
 若年性認知症利用者受入加算  67円 134円
 送迎未実施減産 単位/片道  -53円  -106円
※該当者加算は該当する場合に加算されます。
加算内容  介護度区分 5時間以上7時間未満 7時間以上9時間未満
 1割  2割 1割  2割
介護職員処遇改善加算(1日あたり)    要介護1 60円 120円 68円 136円
要介護2 66円 132円 75円 150円
要介護3 73円 146円 83円 166円
要介護4 78円 156円 89円 178円
要介護5 85円 170円 97円 194円
※処遇改善加算は基本利用料と基本加算の合計単位数の1000分の68に相当する単位数から算定しています。(該当者加算がある場合は加算されます。)
介護保険給付対象外サービスの利用料
昼食代(1食) 600円
利用者の希望による教養娯楽費 実費(行事等)

(2)介護予防認知症対応型通所介護サービス利用料金

基本利用料に基本加算を加えたものが1日あたりの利用料です。
端数処理の関係で利用日数等により若干の差が生じますので目安金額です。

基本利用料(1月あたり)
介護度区分 1割 2割
介護予防通所介護費TA
5時間以上7時間未満
要支援1 747円 1,494円
要支援2 834円 1,668円
介護予防通所介護費TA
7時間以上9時間未満 
要支援1 851円 1,702円
要支援2 949円 1,898円
加算利用料(1月あたり)
加算内容 1割 2割
基本加算 サービス提供体制強化加算Tイ 20円 40円

加算内容 1割 2割
該当者加算   入浴介助加算 56円 112円
 個別機能訓練加算 30円 60円
 若年性認知症利用者受入加算  67円 134円
 送迎未実施減産 単位/片道  -53円  -106円
※該当者加算は該当する場合に加算されます。
介護度区分 1割 2割
 介護職員処遇改善加算(1月あたり)  介護予防通所介護費T
5時間以上7時間未満
要支援1 53円 106円
要支援2 58円 116円
 介護予防通所介護費T
7時間以上9時間未満 
要支援1 59円 118円
要支援2 66円 132円
※処遇改善加算は基本利用料と基本加算の合計単位数の1000分の68に相当する単位数から算定しています。(該当者加算がある場合は加算されます。)
介護保険給付対象外サービスの利用料
昼食代(1食) 600円
利用者の希望による教養娯楽費 実費(行事等)
  
(3)キャンセル料
 ご利用者の都合でサービスを中止した場合は、次のキャンセル料がかかります。
@利用日の直前の営業日の午後5時までに連絡があった場合 無料
A利用日の直前の営業日の午後5時までに連絡がなかった場合 350円

このページの先頭に戻る

重要事項説明書

重要事項説明書とは、サービスの契約上ご注意いただきたいことを契約前にご説明するものです。次のような事項についてご説明しています。

1. 相談窓口
2. 施設の概要
3. サービス内容
4. 利用料金
5. 利用方法
6. サービス利用にあたって
7. 個人情報保護の取り組み
8. 相談・苦情
9. 法人の概要
10. 法人の経営理念
11. 緊急時の対応

重要事項説明書 例(PDF)
*東が丘高齢者在宅サービスセンターのものです。

このページの先頭に戻る

契約書

重要事項の説明後、利用契約にあたり次の内容について契約書を取り交わします。

1. 契約の目的
2. 契約期間
3. 介護計画
4. 介護の内容
5. サービス提供の記録
6. 料金
7. サービス内容の変更
8. 利用の中止及び中止に伴う料金の取扱い
9. 食材料費等の単価の変更
10. 契約の終了
11. 緊急時の対応
12. 衛生管理
13 個人情報保護
14. 苦情対応
15. 賠償責任
16. 虐待等の禁止
17. 介護事故発生時の対応及び防止
18. 関係機関との連携
19. 定めのない事項
20. 裁判管轄

  契約書 例(PDF)
  *東が丘高齢者在宅サービスセンターのものです。

このページの先頭に戻る

実施施設

以下の施設でサービスを実施しています。
(施設名をクリックすると、各施設のホームページへジャンプします。)

東が丘高齢者在宅サービスセンター
東山高齢者在宅サービスセンター

   
このページの先頭に戻る