本文へスキップします。

h1
イメージ画像

新着ニュース

お知らせ:カテゴリメニュー
newsList

2021.11.05

大橋えのき園お知らせ活動日記大橋えのき園

嬉しい、悔しい想いを表現する芸術タイム

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

定期開催している「一日芸術プログラム」。今回は環境づくりで工夫したところ、皆さんの思いが虹色に広がりました。

これまでの一日芸術プログラムは、特別なセッティングでイベント性も演出していました。5メートルもある大きな紙に、皆さんが一緒に描くようなインスタレーションもしていました。それは《どきどきわくわく》の楽しい時間になっていたけれど、自己と向き合うような芸術的アプローチとは少し違うかな・・・。そこで、新しい試みをしてみました。

感染症の対策に配慮しながら、みなさんが気持ちよく作品作りと向き合える空間と画材を用意しました。

ほとんどの方には自分の席があります。今回はその座席配置を動かさずいつものお部屋でプログラムを実施しました。ペインティングする画材もいつもの大きな画用紙は使わずに、あえて小さい20×20㎝の板を用意しました。

小さいことは良いことだったようです。長い時間はひとつのことに没頭できない方も、小さい画材であればそのスペースいっぱいに描ききることができます。これまでは、あまり筆の進まなかった方も今回の一日芸術プログラムでは何枚も描くことができました。みなさんの色遣いはとても豊かになっています。馴染みの自分の席という安心感から、みなさんの心がいつもより開いたのかもしれません。

大橋えのき園ではアートディレクターと一緒にプログラムを開発しています。今年度は展覧会への出展機会も増えています。アートが社会とみなさんをつなげる架け橋にもなっています。作品に夢と希望を描きましょうね。