本文へスキップします。

h1
イメージ画像

人材育成

コンテンツ

スタッフの笑顔は、利用者様の笑顔につながります。スタッフが笑顔で、自信を持ってサービスを提供できるよう、スタッフの成長を支援しています。

職層研修

法人として、皆さんに身につけてほしい能力や役立つスキルを役割や経験に応じて受講していただく研修です。外部研修機関への派遣や講師を招いての受講など様々な形で参加します。

職層研修

メニュー例
新規採用者研修 ・キャリアデザイン・OJT/コーチング・段取り研修・ マナー研修・問題解決・タイムマネジメント・考課者研修・被考課者研修・現場での役割・交渉力・組織マネジメント・チームワーク・セルフマネジメント・ファシリテーション・ハラスメント防止

新人から管理職まで、職層や役割に応じた研修体系整えています。
数年に1度は必ず受講することとなり、前回受講した研修を踏まえた上で次の研修へと進み、職員としてブラッシュアップしていくことを期待しています。
これらの研修は、職場を離れて参加していただきますが、勤務時間中にしっかりと受講できる体制となっています。

OJT/プリセプター

新規に特養ホームの正規職員として採用された方には、担当のプリセプターが付き、指導、支援を行います。素朴な疑問から技術的なことまで、丁寧に指導にあたります。
ほぼ1年間にわたり、課題を解決しながら段階を踏み、介護のプロへサポートします。

スキルアップ・専門研修

職層研修とは別に、職種や従事する事業、施設等で必要な業務知識やスキルを身につけるための研修です。施設や事業に応じて多様に実施しています。

年間研修計画例

キャリアパス

キャリアパス

当法人では、各個人の働き方を選択できる制度をとっています。
将来、施設の経営や組織のマネジメント等を担うことを目指す方は、昇格選考を経て、一般職員→指導職→管理職とキャリアアップして行くことができます。
また、施設サービスに特化して経験を重ね、専門性を高めていく専門職(サービス専門職)を選択することもできます。
新規採用の皆様はすべてサービス専門職Aからキャリアをスタートし、2年経験以降進路を選択できるようになります。
また、年に1度、ご自身が現在~将来にわたり、どのようなキャリア形成を希望しているのかなど伝える機会となる自己申告制度を設けています。

目標管理制度

当法人では、「よりよい仕事をするための仕組み」として「目標管理制度」を実施しています。上司との面談を行い、1年間の業務目標や能力開発目標を立て、実践していくものです。目標を共有し、強みを生かし、弱点を補うことで、やる気や取組み、成果に応え、能力開発に活かしていきます。